日本共産党横須賀市議団

〒238-0022神奈川県横須賀市公郷町2-21-1
TEL:046-851-1123FAX:046-852-2398
よこすかから平和を発信 原子力空母NO!
トピックス

2010年12月24日

「原子力災害防災訓練の実効性を問う」2010年第4回定例会で大村洋子議員が一般質問

地震で言えば「震度1」、こんな想定でいいのか

「市民と米海軍が一緒になって訓練をなぜしないのか」市民から大きな批判と不安の声があがっています。

大村議員はこの問題をとりあげ市長にただしましたが、「実施目的が違うから」という市長の答弁でした。

また、原子力空母が母港化する前より訓練の規模が小さくなっているが、「災害想定が小さすぎて実践的ではないのではないか」との質問には「単に想定が大きければ良いというものではない」と答弁するありさまでした。

大村議員は、市の「地域防災計画原子力災害対策編」を引用しながら、災害想定や訓練の組み合わせなどの改善を求めましたが、市長には市が決めた防災計画を守る気がないのでしょうか。こんな軽微な災害想定で訓練を繰り返して、本当に安全安心が保てると言えるのでしょうか。引き続き改善を求めていきます。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞
  • JCPWEB
PAGE TOP