- 日本共産党横須賀市議団 - http://www.jcp-yokosuka.jp -

「グリーンカーボンブルーカーボンを進める」と市長が答弁(2020年12月議会)

209-3

 一般質問において井坂直議員は森や緑などの植物がCO2を吸収することをグリーンカーボン、アマモなどの海藻が炭素を吸収すること、海そのものがCO2を吸収して海底の泥の中に貯蔵することなどを総じてブルーカーボンと呼ぶことを紹介しました。

 海では植物性プランクトン等の働きで、吸収が排出を上回ることが多いこと、東京湾はCO2の吸収源になっていることを市長に紹介しました。このことから、さらに農業や漁業など第一次産業の振興とあわせて、温室効果ガスの吸収源という新たな活用を進めることを求めました。