日本共産党横須賀市議団

〒238-0022神奈川県横須賀市公郷町2-21-1
TEL:046-851-1123FAX:046-852-2398
よこすかから平和を発信 原子力空母NO!
議会での質問

2020年12月2日

原子力災害時は被ばくを避けたら感染症?熱中症?どうするの?

 これまで原子力災害と熱中症予防の両立は、現実的に不可能なことを井坂なおし議員は議会で問題視、質疑を交わしてきました。そのうえ今年は、感染症対策まで念頭に入れることが必要となりました。

 6月内閣府は「自宅等で屋内退避を行う場合、放射性物質による被ばくを避けることを優先し、原則換気を行わない」とする文書を公表。3密防止と原子力災害の基本とされる密閉・遮断は矛盾することを、井坂議員は指摘。この問題点について、今年度の日米合同原子力防災訓練の場を通じて、各関係機関と問題共有して解決策を講じることを要望しました。原子力艦の母港撤回が何よりも確実な解決策です。

208-2

10/4横須賀市ヴェルニー公園で行われた集会には多くの人々が参加した。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞
  • JCPWEB
PAGE TOP