日本共産党横須賀市議団

〒238-0022神奈川県横須賀市公郷町2-21-1
TEL:046-851-1123FAX:046-852-2398
よこすかから平和を発信 原子力空母NO!
トピックス

2016年5月10日

「生ごみ減量化、施設規模の縮小を。廃プラは分別を維持し、焼却の方針は撤回を」井坂なおし議員が生活環境常任委員会で追及

新ごみ処理施設は大規模な焼却施設の建設で、これまでも私たちは見直しを求めてきました。

ゴミのリサイクル・資源化は市民の協力と理解のもと進んでいますが、生ごみ減量のとりくみは遅れています。

生ごみ排出量を半分に減らせば約6億円のコスト削減になることは、昨年の第4 回定例会のねぎしかずこ議員の質疑で明らかとなりました。

井坂なおし議員は、葉山町など近隣自治体で有効性が認められ、普及率が高い生ごみ処理器キエーロの普及を推進し、焼却ごみ処理量を減らすべきだと主張しました。市長は「実際に使ってその結果を市民に伝えたい」と答弁していましたが実行されていません。

共産党市議団は焼却施設規模の見直しと廃プラスチックの焼却方針を改めるよう引き続き求めていきます。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞
  • JCPWEB
PAGE TOP