日本共産党横須賀市議団

〒238-0022神奈川県横須賀市公郷町2-21-1
TEL:046-851-1123FAX:046-852-2398
よこすかから平和を発信 原子力空母NO!
トピックス

2016年4月6日

「市民の声届く市議会に」2016年第1回定例会

消費税増税中止、意見書の提出を!

民主商工会から「消費税増税中止を求める意見書」の提出を求める陳情が出されました。意見陳述で「税金滞納の相談が増えている」「業者は破産か、廃業かで悩んでいる」「軽減税率は事務経費が大変」と深刻な実態が訴えられました。

大村洋子議員は「消費税は不公平な税制。所得の低い世帯に重くのしかかる。陳情の趣旨に賛同する。」と表明。他の会派はすべて増税やむなしとの態度でした。

文化財としても貴重な「万代会館」の存続を

「万代会館」を市の貴重な資産として存続することを求める陳情は「市民の意見やご遺族の意向を充分考慮すべき」という意見が付され審査終了となりました。
ねぎしかずこ議員は、福祉や文化のために寄贈された貴重な財産を勝手に廃止対象にすること自体が問題と指摘。地域住民や利用者など、多くの市民に愛されていると主張し、住民の願いに応えるよう求めました。

精神障がい者にも交通運賃割引を

精神障がい者への交通運賃割引は、全国的には鉄道もバスも、公営ではほぼ100%、民営でも30%が実施されています。

ところが、横須賀ではJR も京急も未実施であり、障がい者団体から国へ意見書提出の陳情が提出されました。

ねぎしかずこ議員は、市がJR や京急に実施をうながす役どころにならなければいけないと指摘しました。

市は、「JR・私鉄に関しては、国に求めていく」「バスに関しては、今後も県を通じて求めていく」と表明し、陳情は了承されました。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞
  • JCPWEB
PAGE TOP