日本共産党横須賀市議団

〒238-0022神奈川県横須賀市公郷町2-21-1
TEL:046-851-1123FAX:046-852-2398
よこすかから平和を発信 原子力空母NO!
トピックス

2014年1月1日

「戦争ができる国づくり」を許さず、市民共同の「輪」を広げ、平和で街のにぎわいを取りもどす年に

182-01

日本共産党横須賀市議団(左から、ねぎしかずこ議員、井坂しんや議員団長、大村洋子議員)

2014年 新しい年のスタートにあたって

世論の大きなうねりの中で新しい年を迎えました。昨年12 月に閉会した臨時国会では、秘密保護法に対する反対の声を強行採決の連発で押し通し、国民健康保険や介護保険制度の改悪の道筋をつくる社会保障プログラム法を十分な審議もせずに強行しました。これに対する国民の反撃が始まっています。

横須賀市政では、吉田市長の2期目に対しこれまで通り是々非々で臨みますが、小児医療費助成の拡充や中学校給食の実現、社会保障の充実、平和・基地問題など、市民生活の守り手としてこれからも全力でがんばります。

昨年7月の参議院選挙の躍進の力をさらに大きくするために、みなさまのさらなる力強いご支援を心からお願い申し上げます。

「戦争のできる国」にしてはならない

特定秘密保護法が、米海軍基地や自衛隊が存在するこの横須賀にとっては、核密約・原子力艦事故などをはじめ市民の日常生活のあらゆる面に多大な影響を及ぼし、自由にものが言えず、明るさを失ったまちになるのではないかという懸念があります。
市民の安全、安心を守り、住みよいまちづくりをめざす立場からも市民、国民のみなさんと共同し、特定秘密保護法の撤回に向けて奮闘する決意です。 

あわや大惨事に 米軍ヘリ墜落事故!

182-02 12月16日、米軍のヘリコプターが不時着に失敗、三浦市の埋立て地に墜落、あわや大惨事になるところでした。横須賀市議団は17 日、三浦市議団などとともに米軍基地に抗議しました。

新着情報

過去記事一覧

  • 赤旗新聞
  • JCPWEB
PAGE TOP