- 日本共産党横須賀市議団 - http://www.jcp-yokosuka.jp -

「住重が造船部門から撤退!? 先手を打つ市長の対応を求める」2013年第2回定例会報告

5 月 10 日の日刊工業新聞に「住重、造船から撤退検討」。また、日経新聞にも社長発言として「2014 年 3 月期中には事業の方向性を見直したい」と報道されました。

横須賀には約2000人の従業員が働いており、船舶事業に関連する従業員はそのうち約440人。決まってからでは何もできません。井坂しんや議員は、いま市として積極的に動くよう市長の対応を求めました。

とりわけ、横須賀市は 2008 年から 2012年までの 5 年間に、拡大再投資奨励金として 2 億7347万5100 円の奨励金を交付しており、企業任せで済ますことはできません。